海外医薬品とジェネリック

今年に入ってから、一般医薬品のインターネット販売の規制に、緩和が見られるニュースがありました。
過去に施行された、改正薬事法とは別に新たなルールを作成する為の検討会が開かれました。
内容は今回が、初会合となりますが以前より議題となっている、インターネット上での医薬品の販売に対しての討論です。
賛成とする推進派と、副作用などのリスクを考えての反対派に、別れて意見が上がりました。
事実上、最高裁の判決を受けて、厚生労働省の規定が無効とされたので、今後は需要が広まるという展開になりそうです。

また、日本国内では販売されていない医薬品も、海外のサイトより購入が可能となっています。
その場合は、新薬ではなくジェネリック医薬品が多く、価格が安い事から需要も高まっているそうです。
ここで、ジェネリック医薬品の安全性と、低価格について確認して起きましょう。
まず、新薬の開発には臨床試験や、申請に莫大な費用がかかります。
そして、認可された物に特許を取り発売されます。
数年で特許が切れますが、このタイミングで、ジェネリック医薬品として同効果が期待できる薬として認可を取ります。
よって、初期でかかるコストをかけずに、市販する事が出来る為に安くなるのです。
また、製法が異なるだけで、基本成分は同じですので安全面でも、優れているという事になるのです。
関連の商品を探すなら、海外医薬品 通販サイトはくすりの宅配便が、お勧めです。

サブコンテンツ

投稿

カテゴリ

アーカイブ

このページの先頭へ